VRについて

VR(バーチャル・リアリティ)

VR

「Virtual Reality」日本語化すれば「仮想現実」です。機器を装着してまるでそこにいるかのような体験ができる技術のことを指します。映像は3Dで立体的に表示され、上を向けば空を見る事ができ、下を向けば地面がみえたりします。

 

ここを見ている方がわかりやすいよう言い換えますと、寝転んで騎乗位されているとき、上を見ると女性の顔が見えて、下を見ると挿入している部分が見える。視野角が広く設定されていて、まるで本当にプレイしているかのような没入感が得られます。

 

正直、これは体験してみないと味わえないと思いますので、ここを読んで導入方法や使い方をマスターして是非体験してみてください。

 

VR機器の種類

まずはVR導入するにあたって機器が必要となりますので、どんなものがあるかご紹介いたします。まだVRがよくわかってなかったり、とりあえず体験してみたいという方は、安価に導入できるスマホを装着するタイプをオススメいたします。

 

スマホ装着型ゴーグル

VR,スマホ

参考金額 1,000円前後〜
GOOD
・とにかく安く、Androidやiphoneのほとんどで利用することができ、知識が無くても簡単に使える。
BAD
・PC用のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)と比べるとさすがに没入感が薄い。

 

GEARVR

VR,スマホ

 

参考金額 16,000円程度
GOOD
・スマホのGalaxyS6 / S7 / S8シリーズを持っていればコレを購入するだけでクオリティの高いVRを体感できる。
BAD
・Galaxy専用なので持っていないと別で本体を用意しなければならないので高くつく。

 

PSVR

VR,スマホ

 

参考金額 HMDのみ45,000円程度(PS4本体は別)
GOOD
・最もメジャーで導入が簡単かつ、なかなかのクオリティ。
BAD
・PS4を持っていなければ買う必要があり、そうなると高い。
・二つ合わせた金額のわりに下二つのPC用と比較すると画質が悪かったり、クオリティが一枚落ちる。

 

OCULUS

VR,スマホ

 

参考金額 80,000円程度
GOOD
・スマホタイプとは違いハイクオリティで、リモコンでタッチなどの操作もできる。
BAD
・それなりの金額がして、ハイスペックPCを持っていないと動作しない。

 

HTC VIVE

VR,スマホ

 

参考金額 110,000円程度
GOOD
・現存機種で最もハイクオリティかつ、多彩な機能で没入感が高い。
BAD
・OCULUS同様ハイスペックPCが必要で、セッティングの知識もある程度ないとダメ。